シエスタストーリーズ
2021-06-07

ドライヘッドスパ

新緑が美しい季節となりました。

今回は私がドライヘッドスパを日夜研究してきた一部をかいつまんでお話しようと思います。

ドライヘッドスパとは、私の知る限りでは商売としては大阪が発祥で、それが名古屋に伝わり

東京、地方へと広がったようです。

仕事にしている人とはどちらで学んだかという話になることがありますが

私は大阪系です。名古屋で学んできました。という風に。

 

頭ってとても気持ちがいいんですね。

頭の心地良さに気がつくのは、子供の頃の美容院でのシャンプーだと思います。

当時は洗い流すことがメインで、頭のコリをほぐそうなんて概念はなかったと思います。

それが水なしの頭のマッサージとして普及するなんて時代は変わりました。

ドライヘッドスパは手軽ですし、がっつり頭皮にリーチしますので髪形は崩れます^^;

昨今はスマホが無いと暮らせないような時代になりました。目の焦点はいつも近くに合っていて

意識しないと遠くを見ない生活です。これでは筋肉は鍛えられず、頭痛に眼精疲労、あるいは

首コリ、肩こり。スマホを見ながらでは呼吸も浅いままで全身は凝り固まり四十肩に五十肩、六十肩と

いうお客様が多いです。

頭を揉むと全身に血が行き渡り、身体が温まります。

そして、何よりお勧めしたいのは頭が整理され、スッキリすること。

スッキリすると思考は前向きになります。

 

では、頭を揉めば良いのかと思われると思いますが、どこでもよいとは限りません。新潟にもドライヘ

ッドスパ専門店が増えてきました。ご自身にどこが合うのかどのようなスタイルで行うのか、参考にし

ていただければと思います^^

 

ドライヘッドスパ専門店は主にリクライニングチェアかベッドですね。

シエスタではベッドを取り入れていますので、まずそのメリットをご説明いたします。

家で寝るのはベッドであるのと同じように足を伸ばしてくつろげます。

仰向けです。

仰向けですから、終わった後、顔に痕も付かないし、顔もむくみません。完全にスッキリ✨

頭は血管が多いので、頭を揉むと全身を血液が巡りますが、全身フラットな状態だと、身体全体のむく

みも取れます。ふくらはぎはフラットに伸ばしておくことが大切です。施術後は足もむくみが取れま

す。

二回目からのお客様だけのオプションに200円でふくらはぎ流しがありますが、これが好評です!

ベッドだと、施術者からお客様の背中にも手が届くので、首から肩甲骨にかけてもほぐせます。

シエスタでは首、肩も十分ほぐしますよ。

横になるだけで眠れそうzzzなんて方も^^;ベッドもいいからね。

(椅子に掛けている状態だと、施術者の力に負けまいと力がはいるので、後に揉み返しが起こる原因に

もなります。)

シエスタを開店する準備期間に(コロナ禍以前)私は全国のお店に行きましたが、

リクライニングチェアでは背中に届かないんですね。手が入りません。届かない場所が多いと触れる部

分が限られるのでどうしても同じことの繰り返しになってしまうのです。これがベッドを取り入れる一

番の理由かもしれません。

リラックスする前に繰り返しばかりと気が付くと、「いったいいつ終わるのだろう?」なんて事になり

ます。

妊婦さんやずっと同じ姿勢が苦手な方にはリクライニングチェアは良いかもしれませんね。

 

次に施術が合うか合わないか。これも大切ですね。

私は自分が圧が弱いのが苦手ですが、強すぎても痛くなってしまいます。

私の力はは決して強すぎませんが、さわさわと撫でるような施術ではなく、ある程度手ごたえがある

様にしたいと思っています。中にはごく弱い力がお好みの方もおられますが、そのような方はドライヘ

ッドスパよりも美容院でのシャンプーを兼ねたヘッドスパが良いかと思います。

頭上に向かって引き上げるので頭皮がしっかりほぐれます。

優しくですよ(^^)

ドライヘッドスパを選ぶ参考にしていただければと思います^^

シエスタではお顔のお手入れも出来ます。

マスクが当たる鼻の部分の毛穴が黒ずんでませんか?毛穴吸引もおまかせください!

 

一年続いているコロナ禍。新潟でも感染者が増えてきました。

シエスタでは、感染対策として

・入店後は手を洗っていただきます。

・毎朝の検温

・掃除の徹底

・予約の合間の空気の入れ替えの徹底(全館換気システム、空気清浄機)

・不織布マスク

と日頃から対策をしております。

安心してご予約下さい^^

お待ちしております。